1. TOP
  2. 愛され女性になる方法
  3. なぜ鎧女子だった鈴木清佳が愛され妻になれたのか 1

なぜ鎧女子だった鈴木清佳が愛され妻になれたのか 1

 2018/04/05 愛され女性になる方法 鈴木清佳について
この記事は約 11 分で読めます。 2,864 Views

こんにちは!

愛され女子大学 学長 鈴木清佳です。

 

 

今は、神夫に愛され、

女性に産まれてきてよかった!

ということを実感して生きていますが、それは本当に最近の話。

少し前まで、

戦国武将もビックリの鎧を何重にも来た女性でした。

 

 

 

もとはお母さんが大嫌いで、ひねくれていた女の子

 

 

今では、両親と仲が良く、

夫の次に私を理解してくれているのはお母さんだと言い切ることができますが、

小学校高学年の頃には、お母さんとの関係は最悪でした。

 

 

それというのも、

お兄ちゃんの反抗期がきっかけで、お母さんが私の名前と誕生日がわからなくなり。

「娘の名前もわからんなんて、親やない!!」

とひねくれたのがきっかけです。

 

 

誕生日が近くなると度に、心がくるしくなって。

「私傷ついてなんかないんだから!」と、どんどん意地を張る。。。

 

 

そうして、

意地を張った分だけ、見栄っ張りにもなっていって・・・。

 

 

中学生になったときには、部活の仲間からいじめにあい、ひねくれは悪化。

 

「どいつもこいつも、みんな敵やーーー!」

 

と心の中が怒り狂っていました。。。

 

 

完ぺきになることで、親を見返そうとした強がり鎧女子

 

 

幸か不幸か、関西育ちのおかげか。

人より言い負かすのが得意だった中学生の私は、

いじめっ子を理詰めにすることで普通の学生生活を取り戻しました。

 

 

この時は気づかなかったのですが、

先輩とうまくやるし、成績も悪くない。

私、嫉妬されてらしいんです。

 

 

ですが、親との関係が苦しくなっていたタイミングでのいじめ。

 

「親は私のことをわからない!」

「友達もいつ裏切るかわからないから信用できない!」

 

と思った私は、どんどん鎧を装着して、周りに心を閉ざすようになりました。

 

 

 

基本的に周りの人に本音を話さない。

 

でも、傷ついたと思うときや、納得がいかないときは、

相手を理詰めにして追い詰める。

 

 

クラスメイトでも、

先生でも、

親でも。

 

 

とにかく、ひろってきた猫のようになっていました。

 

 

自分を守りたかった、

というのが本音ではありますが、

いつも周りの人を攻撃していた私は、当然、無意識に人を頼れなくなっていきます。

 

 

高校では、往復30キロを自転車で通い。

風邪をひいても、コートを三枚着て、誰にもバレないように寝て治す。

という誰にも頼らないで過ごす日々。

 

 

大学の時には、自分で稼いだお金で生活をしていたため、

お金がなくて、栄養失調になったことも。

大学より、バイトをが優先。

 

 

大学の先生に、

「しっかりしなさい!大学とバイトどちらが大事なんだ」

と言われて、

「じゃあ、あなたが私の生活費を用意してくれるんですか!?」

とケンカ腰になっていました。

 

 

こうやって、長い年月をかけて、

 

完ぺきになって、

周りよりすごくなったら、

誰にも文句を言われず、自分を守ることができる。

 

 

という間違った価値観が、私の中でインプットされていきました。。。

 

 

 

専門職なんだから を言い訳にワーカホリックだった新人時代

 

 

ずっと生きにくさを感じていた私は、

「心のプロになれば、幸せになれるのでは?」

と思うようになり、大学進学の時点で、心のプロとして働くことを決めます。

 

 

 

国家資格を無事に取得し、

「私は心のマスターになったら幸せになれる!」

そんな希望を胸に精神科で働き始めます。

 

 

初めの三年は、お荷物。

そんな医療の常識の中、1年目にして、一回り上の先輩に指示を仰がれるようになります。

 

 

今となっては、

「それだけ私は、がんばったんだねーー」

と、思えますが、当時は違います。

 

 

「なんで、私が新人なのに、他の人より働けるんだ!!おかしい!!」

「専門職として、お前らは最低だ!!私が見返してやる!」

 

 

そんな怒りの誓いを胸に

毎日、定時の5時に帰るのが当たり前の職場で、夜遅くまで残業して経験を積みます。

 

上司がいかに褒めてくれても、

「いや、まだまだ新人なんで。」と言い張り。

 

 

ここは課題だね。と言われると、

「私が悪いって言うのーーーー!?」と激怒!!

 

 

とにかく、まわりの誉め言葉も、助言も、すべてはねのけてきました。

(このときの上司がのちの旦那様になります。本当、感謝でしかありません。)

 

 

 

だんだん彼氏がバカにしか思えなくなってしまった20代後半

 

 

ワーカホリックとしてがんばり続けた私ですが、その間、彼氏もいました。

結婚しようと、お互いの両親に顔合わせもしていた彼です。

 

 

ちょっとエキセントリックだけど、6大学出身だし、実家も裕福。

何より私を溺愛してくれていたので、文句はありませんでした。

 

 

でもね、私が仕事ができるようになって、

評価されるようになればなるほど、だんだんこう思うようになるのです。

 

「こいつバカだな」

 

私の方が収入が増え、出世して。

自分が上がれば上がるほど、あんなに大切だった彼の魅力がなくなってきたんです。

 

 

「愛だけあってもだめ。私はもっといい男と結婚したい!」

 

そこに追い打ちをかけるように、彼がうつ状態に。

ここで別れ、自分に見合った男性を探すようになりました。

 

 

 

彼氏はできるけど、音信不通になる暗黒時代

 

 

意気揚々と新しい彼を探し、何人かの男性と付き合います。

 

 

ですが。。。

今まで順調だった恋愛人生に陰りが訪れます。

相手の望むことを考えて、動いているはずなのに、

 

好き好きアピールを受ける

⇒一気に連絡が減る

⇒俺じゃなくてもいいよね

 

のパターンが三連続でやってきたんです!

 

 

「え?どういうこと?」

 

ぜったい上手くいくと思っていた恋愛が

全くうまくいかなくなるという現実が受け入れられなかったタイミングで、

重度の胃炎になりました。

 

 

体調が悪く、日々の仕事もこなせなくなります。

今までの完ぺき主義の無理もたたって、心がポキッと折れ・・・ました。

 

 

男性に大切にされたくてがんばった変換期

 

 

恋愛に振り回されるようになった自分に自己嫌悪が募る。

でも、それ以上に幸せになりたい。

 

等身大の女性として愛されたい!!!

 

 

だけど、私は完ぺきな女性からは程遠いから、価値がない。

そもそも、親に愛されていない私は愛されるはずはない。。。。

 

 

そうやって、どんどん自分に嫌気がさして、

もう死んでしまいたい!

こんな現実逃げだしたい!

 

と本気で思うようになってしまいました。

 

 

だけど、同時に思うのです。

「私はもっと人生を楽しみたい。」

「女性で良かったと思いたい。」

 

 

 

その葛藤の末、ある結論をだしました。

1年間、本気で自分が変わって愛される人になるようにがんばる!

それでだめならしょうがない!

女性としての自分はあきらめよう!

 

 

愛され女子になると決意したときに、

まず取り組んだのが自分のこころと向き合うこと。

 

 

それは、もういろんな講座を受け、完ぺきにマスターしようとがんばりました(笑)

 

 

その中で、ようやく

「人は完ぺきになったら愛される」という

今までの凝り固まった勘違いを受け入れ、

 

弱くても、

強がっても、

めんどうくさい人でも

「私として在ること」に価値があったことにようやく気が付くことができたんです。

 

その間、女性脳・男性脳も学びなおしました。

 

潜在意識はあくまでも、

人として幸せになる方法なので、

女性として幸せになるためには、

男と女の特性を理解しなければだめだ!と思ったからです。

 

 

そして、

男性がどんな愛情表現をするかを知り、

男性は女性に何を望むのかを理解しました。

 

 

その結果、

パートナーシップは全て女性次第で、

良くも悪くもなることを知ったのでした。。。

 

 

 

神夫に心から大切にされて女性として愛される

 

 

心の仕組み、

男性の愛の仕組みをしり、

なんだか憑き物がとれたように、心が楽になり、こう思うようになりました。

 

 

「私をありのまま受け入れてくれる人と結婚したい」

「本当に大切なのは、ありのままの自分を受け入れ、許しあう関係だった」

 

 

そして、

背が低くて、

中性的で、

ちょっと面倒くさい。

 

 

でも、誰より私の感情を受け止め続けてくれ、

私が苦しくなるたびに、

「あなたは変わらなくていいんですよ」

と言い続けてくれた元上司がとても素敵に見えるようになります。

 

 

 

それどころか、

「私、この人と結婚したら一生幸せかも」と突然。

だけど、心から確信したんです!

 

すると、不思議です。

彼も私と全く同じタイミングで同じことを思ったんですって。

その翌日、彼に電撃プロポーズをされて、今に至ります。

 

 

神夫は、

デートするときは、完全にレディーファーストしてくれるし、

すぐ何か私に買ってくれようとします。

 

 

私が独立して働くことも、

「何かあれば自分が何とかします」全面的に応援してくれます。

おかげで、結婚してすぐ起業をすることをすんなりOKしてもらいました。

 

 

ごはんを作ったら、当たり前においしいと言ってくれ

新しい服を買ったら、必ず褒めてくれます。

 

 

うっかり、何かしたいというと、叶えようとするので、慎重になるくらいです(笑)

大切にされるってこういうことだったんだ。

やっとわかりました。

 

 

この幸せを多くの女性に伝えたい。

その思いが愛され女子大学を創るようになりました。

 

 

具体的に、鈴木清佳はどんなことを学んだのか知りたい方は、こちらをご覧ください。

鎧女子だった鈴木清佳は何を学び愛され妻になれたのか。

\愛され女子の無料バイブル/


\ SNSでシェアしよう! /

女は大切にされて初めて華開く愛され女子大学の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女は大切にされて初めて華開く愛され女子大学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鈴木 清佳

鈴木 清佳

男心を知って、愛され方がわかる 愛され女子大学の鈴木清佳です。

頑張らないで愛される方法と、
男心を知って男性に大切にされる女性になる方法をお伝えしています


千葉県在住
国家資格を使い病院で9年間13万件の方に自分との付き合い方を伝える。
正解のないパートナーシップに悩んできたが、現在は尊敬できる夫に大切にされる

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大好きなあの人から見つける私の魅力

  • あなたは、ゲスイですか?ゲスイ女性が愛されます。

  • 独身男性の結婚への意識とは!? じつは〇〇な男性の心。

  • 素敵な男性に愛されるために必要なのは、自分との〇〇〇力!!

関連記事

  • 愛されたくて愛されたくて寂しい、辛い。そんな気持ちに支配されるのはなぜ?

  • 「君は僕がいなくても生きていける」って言われた。私は、あなたに幸せにしてほしいのに!!

  • デートって、恋人・花嫁への就職試験ではなくて、今に集中して楽しむこと

  • 女を捨てた人生から、女性としての歓びに満ちた人生になりました。

  • 簡単に自分を好きになる方法!自分を知ればもっと豊かになれる

  • 恋愛の方法がわからないなら、学べばいい。まずは、知るところから。